サブスクリプション(定額制)とは

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)とは、ビジネスモデルの1つと言われています。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として定期的に料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが、契約期間が終了すれば利用できなくなるのが一般的である。日本語では「サブスク」とも略される[1][2]。英語の「サブスクリプション」(英語: subscription、英語: subscribeの名詞形)には雑誌の「予約購読」「年間購読」の意味がある[3]。転じて「有限期間の使用許可」の意味となった[3]。またクラブなどの「会費」の意味もある。

代表的なものにはAdobeのPhotoshopやIllustratorなどのソフトウェアやマイクロソフトのOffice365シリーズなどがあります。