学習塾

学習塾とは

学習塾というのは、大部分が小学生、中学生、そして高校生のために、学校で行う授業の予習復習などを有料で行っている場所です。
大抵は学習塾を短縮して塾と呼ばれることが多いようです。
教育の場において、ゆとり教育で授業数も少なくなり、学校で学習できる単元も減少しています。
それで学力アップを目的として学習塾へ行く子どもは増えてきています。
さらに、学校では習わない難しい勉強を習ったり、学力を向上させることを目的とした学習塾もあります。
私立への入学などに特化した学習塾を、通称進学塾といいます。
学習塾では各子どもの能力別にクラスが分けられるので、自分自身の能力に適した勉強が叶えられます。
学習塾で授業がある教科は、学校の授業にある主な5教科となり、国語、数学、理科、社会、英語というものです。
学校の授業にあるような家庭科や道徳、体育といった教科は学習塾では行いません。
学校は勉強だけを習うところではなく子どもの内面的成長に貢献する場所でもありますが、学習塾は勉強しか行いません。
学習塾では模擬テストなどによって個人個人の学習能力をしっかりと知ることが可能です。
自分の学力レベルを知っていると目標を立てるのにも役立ちますし、不得手な教科を認識することもできます。
学習塾は大手と呼ばれるところも数多くありますが、比較すると大抵は個人で開いている学習塾の割合が高いようです。
個人でも大手でも各々に長所と短所がありますので、体験入学などを利用して、子どもにピッタリな学習塾を見つけ出せると良いでしょう。

難関校を目指すならやっぱり学習塾も必要!

総称して学習塾と表現していますが、各塾で異なるスタイルが存在します。 学習塾を大分してみると、難関校の受験対策のための進学系と総合的な学力アップを目指す補習系の2種類があります。 補習系の学習塾は、学校の勉強についていけない、理解しきれないという子どもたちに授業で行う前に予習として学習していきます。 その上、分からない部分をピックアップして、復習という形で教えてもらうこともできます。 個人経営で行なっている学習塾は一般的には、この補習系になります。 難関の学校に入るための学習塾では、学校よりもさらに高度な勉強に取り組むよう指導されます。 難関と言われる学校への高い進学率を誇る学習塾というのはどの子も入れるわけではありません。 難関校進学コースに入るためには、入塾試験が行われますので合格しなくてはなりません。 大企業が経営している学習塾だと補習系のクラスと進学系のクラスがあり各々の能力に応じ振り分けて教えています。 さらに、学習塾での教え方には集団授業、少人数に制限された授業、個人のペースで学習を進めていく形式や個別指導などがあります。 集団授業の学習塾では10人以上の子どもが1クラスという形を取っています。 少人数制を採用している学習塾は1クラス5~10人までとなっている塾が多いでしょう。 個人で運営している塾になると、一人の先生が10人以内の生徒を教えるという、授業の進め方をしているところがほとんどのようです。 自習タイプの学習塾というのは例えば公文式や学研教室などですが、学年が異なる子どもたちが一つの部屋で一人もくもくと課題に取り組む形になります。 個別指導となると1人から4人以下の子どもを先生1人で受け持つスタイルで、さらにきめ細かく指導してもらえるでしょう。 けれども、個別指導形式の学習塾は請求される月謝代が決して安くはありません。
このページの先頭へ戻る